ワインを買いに、そして48円(税抜)祭に遭遇

いつもの安ワインを買いにスーパーに行ったらすごい人。

見るとこのスーパーのカードで5%オフの日のよう。
持ってないけど作った方が良いのかなあと考えつつ店内に入るとブッ

48円(税抜)均一祭だ・゚‘.。・:・゚‘.。・:*:・゚‘☆.。・゚‘☆.。

今日の48円(税抜)祭とか

柿の種 @48円ⅹ2=96円(車にストック)
穀物酢 48円
お好み焼き粉 48円
ひじき @48円x2=96円
ツナ缶 @48円x4=192円
アボカド @48円x3=144円
トマト缶 @69円x2=138円
かに入りすり身 191円(100g48円
豚肩切り落とし(カナダ)278円(100g79円)
豚ひき肉 113円(100g65円)
無調整豆乳 @178円x2=356円

あれ?豆乳はチラシで139円(税別)だったけど・・・
と確認したら「調整豆乳」って書いてた_| ̄|○
俺のばが_| ̄|○

赤ワイン@295円x3=885円
まとめ値引き-15円

外税8% 135円
外税10% 87円
—————-本日合計2,792円

3月(3/1~3/31)食費累計2,792円@1日あたり931円
※3月食費予算16,740円(1日500円+消費税)
※一人外食は娯楽費として食費に含まず

今日のお昼

野菜ベーコントマトコンソメ+ごはんでリゾット、
焼き鯖+大根おろし、ほうれん草お浸し、ゴボウサラダ

~明日は野菜を買い行くよ~

コメント

  1. aglaia より:

    恐るべし、羨まし48円均一!!
    ツナとアボカドプリーズ!と叫んだ私です(笑)

    素敵なスーパーですね♬
    それと毎回思うけれど、カニのすり身って、
    やはり北海道ならではですね^^

    どんな感じなんだろ?
    この辺ではお見掛けしないので気になります。
    間違いなく美味しそう♪

    • ゆりみそ より:

      aglaiaさん、48円均一祭の今回の自分的目玉wはツナ缶でした!
      普通の大きさの缶でオイル控えめの、ああ、もうちょっと欲張っても良かったかな。笑

      そうそうかに入りすり身はよく道外の人にどんなの?って聞かれます。
      ここのははんぺんみたいな食感になるかなあ。。
      白身魚のすり身をべースに色々入ってるんですが、ここのは甘いんです。
      ほんとは他のスーパーのすり身が好きなんですが、ここのが48円均一祭に出るので安いから買っちゃます。
      でも麺つゆで汁物にしたり鍋に入れたり、そのまま焼いてお酒のあてにと活躍してます♪

      • aglaia より:

        カニのすり身、お酒のあてになると聞き、さらに食いつきそうになったものです(笑)
        汁物、鍋もいいなぁ。。。ふわふわ練り物美味しそう♪

        ツナ缶はやはり皆さん魅力を感じたようですね^^
        だって、ありえなーい!!(笑)

        そうそう、玉姫酢ですがレアなお酢らしく店によって値段がかなり違います。
        ちなみに私は適正価格で出していると思われる、佐野みそさんというところでいつも
        購入しています。お店のホームページの他、楽天やヤフーにもお店があり、
        前はお店のホームページにしか、玉姫酢の取り扱いはなかったのですが、
        最近は楽天などでも買えます。北海道だと送料がちょっと高いかなぁ。
        お酢なので、そこまで・・・とは思ったのですが、
        念のためご参考までにお知らせでした^^

        • ゆりみそ より:

          aglaiaさん、お酒のあてを考えるのが面倒臭い時はこれに限ります。笑
          面倒だけどラップに小分け冷凍して使ってます♪

          玉姫酢、そうなんですね。
          楽天見ると北海道は送料が商品代より高かった(涙)
          広島のカープソースも好きなんですが、やっぱり送料高いんですよね。
          液体物は厳しいのぉ。。
          でも物産展とかあれば見てみますね、覚えやすい名前とラベルですし。
          ありがとうございます!

  2. sarukitikun より:

    ツナ缶の48円はあり得ないですね~100個ぐらい買いたいです(笑)(^o^)丿

    • ゆりみそ より:

      猿吉くん、このツナ缶は48円均一祭で初めて見ました。私ももっと欲張っても良かったかな~!笑
      でもワイン3本とリュックに背負って、だったので4個で諦めました。
      帰宅時は三浦雄一郎気分でした。笑